高校数学Ⅱ
高校数学Ⅱ
5分で解ける!三角関数cosθの方程式と一般角に関する問題

5
Movie size

5分で解ける!三角関数cosθの方程式と一般角に関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校数学Ⅱ 三角関数17 練習

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

cosθの方程式を解く問題ですね。
有名三角比から直角三角形を決定し、cosの符号からどの象限にその直角三角形を貼り付けるかを決めていきましょう。

POINT
高校数学Ⅱ 三角関数17 ポイント

斜辺2、底辺√3の直角三角形を第1,4象限に貼りつける

高校数学Ⅱ 三角関数17 練習

lecturer_avatar

この問題は例題と違ってθの範囲が存在していませんね。
こういう場合は、まず θの範囲を0≦θ<2π に絞って考えてみましょう。
すると、θは 第1~4象限 のどこかに存在しますね。

lecturer_avatar

次にcosθの値を求めてみましょう。
2cosθ-√3=0より、 cosθ=√3/2

lecturer_avatar

手順1 cosの符号に注目
符号は + ですね!
cosの符号図より θは第1,4象限に存在する ことが分かります。

lecturer_avatar

手順2 cosの値に注目
cosの値は √3/2 です。
斜辺が2、底辺が√3 になる直角三角形を考えてみましょう。
ポイントの アの直角三角形 になりますね。

lecturer_avatar

これで使う直角三角形とθの存在範囲がわかったので
xy平面上の第1,4象限に張り付けてみましょう。

高校数学Ⅱ 三角関数17 練習 図
lecturer_avatar

図より、θは 30°と330° ですね! 弧度法 になおすとπ/6,11π/6。

lecturer_avatar

ここで注意!
この問題では最初θの範囲に制限がなかったので、とりあえず0≦θ<2πと設定しました。
しかし、本来は制限などないので すべての範囲において考える必要 があります。
よって、一周した後の2周目の30°と330°に対応する角、3周目、4周目・・・とすべて考えなければいけません。

lecturer_avatar

円上の角は一周すると元の位置に戻ってくるので、 2nπ すると元の位置に戻りますね!
この時のnは正の方向と負の方向の回転の両方を考えるので nは整数 とします。
よって、 π/6+2nπ , 11π/6+2nπ が答えとなります。

答え
高校数学Ⅱ 三角関数17 練習 答え
Asami
この授業の先生

浅見 尚 先生

センター試験数学から難関大理系数学まで幅広い著書もあり、現在は私立高等学校でも 受験数学を指導しており、大学受験数学のスペシャリストです。

三角関数cosθの方程式と一般角
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。