高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!「分散」とは?に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!「分散」とは?に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ データ分析10 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業

「分散」の求め方をマスターしよう!

lecturer_avatar

「分散」 を求める問題だね。ポイントは次の通りだよ。

POINT
高校数学Ⅰ データ分析10 ポイント
lecturer_avatar

「分散」を求めるときは、まず 「各データ」から「平均値」をひいて、2乗する 。そして、それらを 合計する よ。さらに、その合計した値を、 全体の人数で割る んだ。

まずは「平均値」を求めよう

高校数学Ⅰ データ分析10 図と(1)

lecturer_avatar

まずは、データの平均値を求めよう。全てのデータの値をたして、1/5をかければOKだね。

(1)の答え
高校数学Ⅰ データ分析10 例題(1)の答え

各データから平均値をひいて2乗 合計値を全体の度数で割る

高校数学Ⅰ データ分析10 図と(2)

lecturer_avatar

平均値は20(分)とわかったね。
各データから平均値を引いて2乗していこう。

lecturer_avatar

(15-20)2=25
(30-20)2=100
(10-20)2=100
(40-20)2=400
(5-20)2=225

lecturer_avatar

これらの数値を合計して、全体の度数である5(人)で割れば、答えが出てくるね。

(2)の答え
高校数学Ⅰ データ分析10 例題(2)の答え
春キャンペーン2019
「分散」とは?
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

データ分析の問題

高校数学Ⅰの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

データ分析

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      データの散らばりと相関

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校数学Ⅰ