高校数学Ⅰ

高校数学Ⅰ
5分で解ける!「標準偏差」とは?に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!「標準偏差」とは?に関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅰ データ分析11 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業

「標準偏差」の求め方をマスターしよう!

lecturer_avatar

「標準偏差」 を求める問題だね。ポイントは次の通りだよ。

POINT
高校数学Ⅰ データ分析11 ポイント
lecturer_avatar

「標準偏差」を求めるときは、まず {(各データ)-(平均値)}2の和を全体の人数で割る ことで、 「分散」を求めよう「分散」にルートをかぶせれば「標準偏差」になる んだ。

「平均値」と「標準偏差」を求めよう

高校数学Ⅰ データ分析11 例題

lecturer_avatar

「平均値」⇒「分散」⇒「標準偏差」の順番で求めていこう。データの平均値は、全てのデータの値をたして、1/6をかければOKだね。

高校数学Ⅰ データ分析11 例題の答え1行目
lecturer_avatar

平均値は7(点)とわかったね。 {(各データ)-(平均値)}2の和を全体の人数で割る ことで、 「分散」を求めよう

高校数学Ⅰ データ分析11 例題の答え2~3行目
lecturer_avatar

分散の値が出てきたら、あと一息。 分散の値にルートをかぶせれば標準偏差の値が求められる ね。

答え
高校数学Ⅰ データ分析11 例題の答え
春キャンペーン2019
「標準偏差」とは?
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

データ分析の問題

高校数学Ⅰの問題