高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!「受身」の訳のコツに関する問題

0
Movie size

5分で解ける!「受身」の訳のコツに関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

英語構文 動詞の眺め方6 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回のポイントは 「受身」の訳のコツ です。受身の訳で困ったら能動で訳そう!

問題(1)

問題(1)英文

lecturer_avatar

この英文では was killed が動詞のカタマリになっている。受身で訳すと「殺された」となるけど、これを能動で訳してみよう!答えはこちら。

(1)の答え
問題(1)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

「命を奪われた」などと受身で訳してもいいけど、「亡くなった」と訳すとしっくりくるよね。基本的に be killed は能動で訳した方が自然な日本語になるよ。

問題(2)

問題(2)英文

lecturer_avatar

この英文では was suddenly struck が動詞のカタマリになっている。struck は動詞 strike「叩く」の過去分詞。strike 人 on the head で「人の頭を叩く」という意味になるよ。

lecturer_avatar

直訳で「父によって私は頭部を急に叩かれた」としても良いけど、ちょっと不自然だよね。もう少しこなれた日本語にしてみよう。訳はこちら。

(2)の答え
問題(2)英文書き込みアリ+和訳

問題(3)

問題(3)英文

lecturer_avatar

この英文では may not be found が動詞のカタマリになっている。may は推量で「~だろう」と訳そう。訳はこちら。

(3)の答え
問題(3)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

may not be found を直訳すると「見つけられないかもしれない」となるけど、受身にせずに「見つからないかもしれない」「見つからないだろう」と訳すと自然な日本語になるよ。

lecturer_avatar

受身の訳のコツは「能動で訳す」こと。受身の英文をそのまま受身で訳すと不自然になる時は、能動で訳してみよう!

「受身」の訳のコツ
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。