高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!「動詞+前置詞」のカタマリに関する問題

2
Movie size

5分で解ける!「動詞+前置詞」のカタマリに関する問題

2
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう
「動詞+前置詞」のカタマリ

英語構文 動詞の眺め方3 TK'sポイント

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

高校英語構文 第3章「動詞の眺め方」第3回。
今回は 「動詞+前置詞」のカタマリ について勉強するよ。
さっそく例文を見てみよう。

例題の英文のみ、書き込みナシ・和訳ナシ

lecturer_avatar

英文を読むときはまず動詞に注目。この例文だと depend on が動詞だ。depend on については後で詳しく説明するね。

lecturer_avatar

文頭の When you are ~は「あなたが~な時」。be in trouble は「困っている」という状態を表す。When you are in trouble で「あなたが困っている時」と訳せるよ。

lecturer_avatar

you should ~は「あなたは~するべきだ」。your true friend は「あなたの本当の友だち」という意味だね。

lecturer_avatar

動詞 depend on について、depend + on your true friend と考えても間違いじゃないけど、みんなには depend on で動詞のカタマリ と捉えてほしいんだ。すると、depend on の後に「人」を表す名詞のカタマリ(your true friend)が来るから、「人~する」と訳せるね。これは前回の授業で紹介したポイントだよ。

lecturer_avatar

ここで今回のTK'sポイント!

TK'sポイント

lecturer_avatar

depend on や deal with など、重要な「動詞+前置詞」のパターンを紹介しているよ。例えば「depend on 名詞」は「depend」+「on 名詞」と捉えても間違いじゃないんだけど depend on を動詞のカタマリ と捉えた方が、英文の構造を捉えやすくなるからオススメだよ。

lecturer_avatar

depend on「~に頼る」、deal with「~を扱う」、speak to「~に話しかける」、pay attention to「~に注意する」。これらはすべて 「動詞+前置詞」で動詞のカタマリ と捉えよう!

lecturer_avatar

もう1度例文に戻るよ。

例題、書き込みアリ・和訳ナシ

lecturer_avatar

文の前半は「あなたが困っている時」、後半は depend on をカタマリと捉えて「あなたは本当の友だちに頼るべきだ」と訳せる。全体の訳はこちら。

例題・書き込みアリ・和訳アリ

lecturer_avatar

最後にもう1度だけ言うけど、depend on や deal with などは 「動詞+前置詞」で動詞のカタマリ と捉えよう!

春キャンペーン2019
「動詞+前置詞」のカタマリ
2
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019