高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!「be動詞+形容詞+前置詞」は注意!に関する問題

24

5分で解ける!「be動詞+形容詞+前置詞」は注意!に関する問題

24
トライオンライントライオンライン

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう
「be動詞+形容詞+前置詞」は注意!

英語構文 動詞の眺め方8 TK'sポイント

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

高校英語構文 第3章「動詞の眺め方」第8回。
今回は 「be動詞+形容詞+前置詞」のカタマリ について勉強するよ。

lecturer_avatar

前回までの授業では「be動詞+過去分詞」の受身の英文をいくつか扱ってきました。今回の授業では、be動詞の後に形容詞+前置詞が来るパターンを勉強するよ。

lecturer_avatar

さっそく例文を見てみよう!

例題の英文のみ、書き込みナシ・和訳ナシ

lecturer_avatar

まずは語句の意味を確認しよう。文頭の Clearly は「明らかに」、responsible は形容詞で「責任がある」、accident は「事故」という意味だね。

lecturer_avatar

この英文のポイントは、be動詞+形容詞の形になっている is responsible だけでなく、その後の前置詞 for まで含めて動詞のカタマリと捉えること。 is responsible for をカタマリと捉えると英文の構造がわかりやすい。「明らかに、彼はその事故に~」という訳も見えてくるね。

lecturer_avatar

ここで今回のTK'sポイント

TK'sポイント

lecturer_avatar

例として挙げている be absent from や be similar to は、いわゆる熟語だよね。「こんなの知ってる!」と思う人もいるかもしれないけど、英文を読むときは これらの熟語をカタマリとして捉えることが大切 なんだ。be動詞+形容詞+前置詞を動詞のカタマリと捉えることで、英文の構造を把握するのがグッと楽になるからね。

lecturer_avatar

それではもう1度例文に戻ろう。

例題、書き込みアリ・和訳ナシ

lecturer_avatar

is responsible for をカタマリと捉えて訳してみよう。模範解答はこちら。

例題・書き込みアリ・和訳アリ

lecturer_avatar

大事なことだから最後にもう1度。「be動詞+形容詞+前置詞」は 動詞のカタマリ と捉えよう!

トライオンライン
「be動詞+形容詞+前置詞」は注意!
24
友達にシェアしよう!
トライオンライン