高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!be動詞のはたらきに関する問題

2
Movie size

5分で解ける!be動詞のはたらきに関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

英語構文 動詞の眺め方1 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回のポイントは be動詞のはたらき 。be動詞は前後がイコールであることを示すんだ。これを意識して訳に挑戦してみよう!

問題(1)

問題(1)英文

lecturer_avatar

まずは動詞に注目。そう is だね。is は前後がイコールであることを示すよ。is の前は Ice cream で、is の後は good だ。ちなみに good は「良い」という意味が基本だけど、食べ物や飲み物が主語の場合は「美味しい」と訳そう。

(1)の答え
問題(1)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

is の前後に注目すると「アイスクリーム」=「美味しい」という関係になっている。「前後がイコール」の関係だね。

lecturer_avatar

文後半の after taking a bath は意味のカタマリになっていて、動詞 is にかかっている。前置詞 after の後に動名詞 taking が続く形になっているよ。

lecturer_avatar

ちなみに前置詞は基本的に名詞の前に置かれるけど、名詞の役割を果たす動名詞の前に置かれることもあるんだ。

問題(2)

問題(2)英文

lecturer_avatar

問題(2)は少し応用です。ちなみに文末の sleeplessness は「寝不足・睡眠不足」という意味。sleep は「睡眠」で、-less は名詞に付いて「~がない」、-ness は形容詞などに付いて、抽象的な名詞をつくるはたらきをするよ。

lecturer_avatar

さて、問題文に戻ると、動詞は is の否定形 isn't だ。is がイコールの関係を表すのに対し、isn't は イコールではない(≠) ことを表す。つまり He「彼」≠ at his best「ベストな状態」 という関係を示すんだ。訳はこちら。

(2)の答え
問題(2)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

「彼」≠「ベストな状態」。isn't はイコールではない関係を表すよ。ちなみに because of は2単語あわせて前置詞のはたらきをしていて、名詞 sleeplessness を伴って前置詞+名詞のカタマリになっている。動詞 isn't にかかっているよ。

問題(3)

問題(3)英文

lecturer_avatar

最初に単語の意味を確認しよう。purpose「目的」、reduce「~を減らす」、emission「排出」、CO2二酸化炭素」、atmosphere「大気」。知らない単語があったら覚えておこう。

lecturer_avatar

英文を読むときはまず動詞に注目。この英文ではisだね。is は前後がイコールの関係になるよ。

lecturer_avatar

is の前は Our main purpose「私たちの主な目的」。is の後は to reduce「減らすこと」。to reduce は不定詞のかたちになっているけど、is の前後はイコールというルールは変わらないよ。

lecturer_avatar

以上を踏まえた上で、訳を確認しよう。こちら!

(3)の答え
問題(3)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

文の後半、of CO2 と into the atmosphere はどちらも前置詞+名詞のカタマリになっていて、名詞 emission「排出」にかかっているよ。

lecturer_avatar

文章が長くなっても、be動詞は前後がイコールというルールをおさえておけば、文の構造をつかみやすく、訳もつくりやすい。be動詞のはたらき、しっかりおさえておこう!

be動詞のはたらき
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。