中学歴史
中学歴史
5分で解ける!韓国の支配と関税自主権の回復に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!韓国の支配と関税自主権の回復に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史51 練習2 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

練習2は、日本の韓国支配についての問題です。

日本は韓国統監府を設置 初代統監に就任した人物は?

lecturer_avatar

1905年、韓国の首都・漢城(ソウル)に 韓国統監府 がおかれ、日本が 韓国の政治の実権を握る ようになりました。
このとき、韓国統監府の 初代統監に就任した のは誰でしたか?
正解は 伊藤博文 ですね。
伊藤博文といえば、日本の 初代内閣総理大臣 としてもテストや入試でよく登場します。
しっかり覚えておきましょう。

伊藤博文の暗殺を受け、ついに日本は韓国併合に乗り出す

lecturer_avatar

1909年、伊藤博文が暗殺される事件が起こります。
この事件の後、日本は韓国の支配をいっそう強めていきます。
1910年、日本は韓国を領有し 植民地支配 を始めます。
このできごとを 韓国併合 といいます。

欧米諸国からも実力を認められた日本 ついに不平等条約の改正を果たす

lecturer_avatar

植民地を得たことで、日本は欧米諸国からもその実力を認められるようになりました。
国力の充実を背景に、日本は明治時代の外交目標であった 不平等条約の改正 にむけて交渉を行います。
1911年、日本はある権利を回復します。
答えは 関税自主権 の回復ですね。

答え
中学歴史51 練習2 答え入り
韓国の支配と関税自主権の回復
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。