中学歴史

中学歴史
5分で解ける!殖産興業と富岡製糸場に関する問題

26

5分で解ける!殖産興業と富岡製糸場に関する問題

26
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史46 練習2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

近代国家の建設 2つのスローガンを掲げた明治政府

lecturer_avatar

近代国家の建設に向けて、明治政府は2つのスローガンを掲げました。
1つ目は 経済力を高めて強い軍隊を持つ というスローガンです。
これは 富国強兵 でしたね。
2つ目は 産業をさかんにして生産力を増やす というスローガンです。
こちらは 殖産興業 でした。

殖産興業政策にもとづき、現在の群馬県で操業を開始した工場の名前は?

lecturer_avatar

殖産興業政策にもとづき、群馬県で操業された工場がありましたね。
そう、 富岡製糸場 です。
富岡製糸場は、日本で初めて 政府が経営する工場 でした。
こうした工場を 官営工場 と呼ぶのです。
官営工場には、民間の工場のお手本となる役割がありました。
そのため、海外の高い技術が導入されたのです。
富岡製糸場には フランス の技術が導入されたことを覚えておきましょう。

答え
中学歴史46 練習2 答え入り
オンライン個別指導塾
殖産興業と富岡製糸場
26
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

明治時代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      中学歴史