中学歴史

中学歴史
5分で解ける!板垣退助と自由民権運動に関する問題

39

5分で解ける!板垣退助と自由民権運動に関する問題

39
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史48 練習1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習1は、板垣退助についての問題です。

板垣退助が提出した意見書の名前は?

lecturer_avatar

征韓論をめぐる論争に敗れ、政府を去った板垣退助。
彼は1874年にある意見書を政府に提出しました。この意見書の名前は?
答えは 民撰議院設立の建白書 ですね。

lecturer_avatar

彼はこの意見書を通じ、一部の藩出身者による専制政治を批判しました。
そして、国民が選んだ議員による、あるものを開くべきだと主張したのです。
これは 国会 ですね。

lecturer_avatar

民撰設立の建白書は、ある運動のきっかけになりました。
国民が政治に参加する権利を求める この運動を、何と呼びますか?
答えは 自由民権 運動ですね。

答え
中学歴史48 練習1 答え入り
オンライン個別指導塾
板垣退助と自由民権運動
39
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

明治時代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      中学歴史