高校生物

高校生物
5分でわかる!食い分け

3

5分でわかる!食い分け

3
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

食い分け

高校 生物 個体群9 ポイント2 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

食い分けについて見ていきましょう。

ヒメウとカワウは食い分けで共存

lecturer_avatar

食い分けは、異なる個体群が共存するための工夫の一つです。
具体的には、食物を互いに変えて共存することです。

lecturer_avatar

ある異種間で、食物や生息場所が一致しているとしましょう。
もし生息場所について妥協ができない場合は、食い分けによって食物を互いに変えて共存しているのです。

lecturer_avatar

食い分けを行う生物にはどのようなものがいるのでしょうか?
次の図を見てください。
これは海水と淡水が混ざった汽水域の様子です。

高校 生物 個体群9 ポイント2 図すべて
lecturer_avatar

食い分けを行う生物の例としては、ヒメウとカワウがあげられます。
ヒメウとカワウは、食物や生息場所が一致しています。
しかし、生息場所である汽水域を妥協することは困難です。
そこで、食い分けによって食物を互いに変えているのです。

lecturer_avatar

ヒメウは、水面近くのニシンやイカナゴのような小魚をエサとしています。
一方、カワウは、水底近くのエビやヒラメのような水生生物をエサとしています。
ヒメウとカワウは、異なる生物をエサとすることで、うまく共存しているのですね。

lecturer_avatar

食い分けについておさえましょう。

高校 生物 個体群9 ポイント2 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンラインLIVE夏期講習
食い分け
3
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

個体群

オンラインLIVE夏期講習

個体群と生物群集

オンラインLIVE夏期講習

高校生物