高校古文

高校古文
5分で解ける!「が・に・を」の用法に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!「が・に・を」の用法に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校古文 4章5 練習 答え無

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題。現代語訳をしよう。

「が・に・を」の用法は逆説の確定条件・順接の確定条件・単純接続

lecturer_avatar

接続助詞「が・に・を」の用法は3つあったね。
逆説の確定条件の訳は「~けれども・~のに」、順接の確定条件の訳は「~ので」、単純接続の訳は「~と・~ところ・~だが
これらのポイントをおさえて問題を解こう。

lecturer_avatar

(1)あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。
「竹を見る」と「筒の中が光る」の関係は逆説でも原因・理由でもないよね。正解は単純接続で訳して「見ると」

lecturer_avatar

(2)昔より多くの白拍子ありしが、かかる舞はいまだ見ず。
「多くの白拍子がいた」と「このような舞は見たことがない」の関係は逆説だね。正解は「いたけれど」

lecturer_avatar

(3)明日は物忌みなるを、門つよく鎖させよ。
「物忌みである」と「門を閉めろ」の関係は原因・理由だね。正解は「であるので」

lecturer_avatar

(4)日暮れかかるに、なほ泊まるべき所遠し。
「日が暮れかかる」と「泊まる宿が遠い」の関係は逆説だね。正解は「暮れかかるけれど」

lecturer_avatar

(5)(桐壷の更衣は)まかでなむとし給ふを、(帝は)暇さらに許させ給はず。
「帰ろう」と「暇を許さない」の関係は逆説だね。正解は「しなさるけれど」

答え
高校古文 4章5 練習 答え有
「が・に・を」の用法
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      助詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
              こちらをご覧ください。

              高校古文