高校古文

高校古文
5分でわかる!「て・して」の意味

2
Movie size

5分でわかる!「て・して」の意味

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「て・して」の用法は単純接続・順接の確定条件・逆接の確定条件

高校古文 4章6 現代文と古文の比較

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

高校古文4章「助詞」。今回は接続助詞「て・して」について学習するよ。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「て・して」の用法。「て・して」の用法は単純接続・順接の確定条件・逆接の確定条件の3つ。詳しくみていこう。

高校古文 4章6 文型と意味

lecturer_avatar

連用形+「て・して」の形のとき、訳は3つあるんだ。1つ目は単純接続で「~て」、2つ目は原因・理由で「~ので」、3つ目は逆接で「~けれども・~のに」。
それぞれの訳の例をみていこう。まずは単純接続からだよ。

高校古文 4章6 単純接続の例

lecturer_avatar

例文の「絶えずして」は助動詞「ず」の連用形+「して」で、「して」の前後は原因・理由でも逆接でもないね。訳は単純接続で「絶えることがなくて」だよ。つぎは原因・理由の例をみていこう。

高校古文 4章6 原因・理由の例

lecturer_avatar

例文の「説法いみじくして」は形容詞「いみじ」の連用形+「して」で、「説法が尊い」ことは「人が涙した」ことの理由になっているね。訳は「説法が尊いので」。最後に逆接の確定条件の例をみていこう。

高校古文 4章6 逆接の確定条件の例

lecturer_avatar

例文の「人はなくして」は形容詞「なし」の連用形+「して」で、「人がいないこと」と「ドアが開いたこと」は逆接の関係になっているね。訳は「人がいないのに」

lecturer_avatar

「て・して」の用法、単純接続・順接の確定条件・逆接の確定条件の3つをおさえよう。

Kurosu

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

「て・して」の意味
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      助詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
              こちらをご覧ください。

              高校古文