高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!イギリス・フランス史に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!イギリス・フランス史に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の各国史1 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回は中世のイギリス・フランス史についての学習でした。
内容をおさらいしていきましょう。

イギリスの王様は最初から権力が強い!

lecturer_avatar

まず、中世イギリス史について確認します。
イギリスでは11世紀に ノルマン朝 が成立します。建国者はフランスの貴族であった ウィリアム1世 でした。彼はフランスの統治方法を導入し、強力な封建王政を確立しました。

lecturer_avatar

12世紀には プランタジネット朝 が成立しました。この王朝の時代には、徐々に国王の権力が制限されていくことになります。1258年には シモン=ド=モンフォール の反乱が起こり、この影響でイギリス議会の起源である 諮問議会 が開催されました。また、 エドワード1世 の時代には 模範議会 が召集され、さらに エドワード3世 の時代には 二院制議会 が開催されました。

フランスの王様は権力が弱い!

lecturer_avatar

続いて、中世フランス史について確認します。
フランスでは、10世紀末に カペー朝 が成立します。フランスの国王権は時代を重ねるごとに強大になっていきました。

lecturer_avatar

フィリップ2世 は、イギリス王のジョンを破って大陸英領を没収します。 ルイ9世 は、 アルビジョワ十字軍 を実施してフランス南部の アルビジョワ派 を討伐し、領地を拡大しました。さらに フィリップ4世 は、 聖職者への課税を巡って教皇と対立しました。

100年にわたる対立!英仏百年戦争とは?

lecturer_avatar

最後に 英仏百年戦争 について確認します。
14世紀中頃、フランスでは カペー朝 が断絶して ヴァロワ朝 が成立しました。しかし、イギリス王 エドワード3世 が自身の血縁関係をもとに フランス王位継承権を主張 します。また、毛織物業がさかんな フランドル地方の領有 を巡っても両者は対立しました。こうした背景から百年戦争が始まったのです。

lecturer_avatar

百年戦争の序盤はイギリスが優勢でした。しかし、フランス王 シャルル7世 が聖女 ジャンヌ=ダルク と共に反撃を開始し、状況は逆転します。最終的にイギリス軍は、 カレー のみを残して大陸から撤退することになりました。

答え
高校世界史 中世ヨーロッパ世界の各国史1 練習
イギリス・フランス史
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世ヨーロッパ世界の各国史

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B