高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!フランスの王様は権力が弱い!

1
Movie size

5分でわかる!フランスの王様は権力が弱い!

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

フランスの王様は権力が弱い!

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の各国史1 ポ2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「フランス国王権の拡大」です。
ポイント1で紹介したイギリスとは異なり、フランス国王の権力は 十字軍が終わってから強くなります。 今回は10世紀以降のフランス王朝についてお話をしますが、 当初は国王権が強くなかったのです。

フィリップ2世、ジョン王を破って領土拡大!

lecturer_avatar

フランスの領土の中で、王の支配地域は限定的でした。 王の命令は、フランス全土には行き届いていなかったのです。 そこで、歴代フランス王は 王の支配地域を拡大しようと考えました。

lecturer_avatar

当時のフランスには カペー朝 という王朝がありました。このカペー朝第7代の王が、ポイント1でも登場した フィリップ2世 です。彼は 英王ジョンを破って大陸の英領を没収しました。

ポ2/カペー朝の見出し+フィリップ2世の説明2行/答え入り

ルイ9世、アルビジョワ十字軍を派遣して領土拡大!

lecturer_avatar

1226年に即位した ルイ9世 は、 アルビジョワ十字軍 を組織しました。中世の南フランスでは、キリスト教の一派 アルビジョワ派 が流行していたのです。アルビジョワ派はローマ教会からは 異端 とみなされていましたが、フランス南部では広く信仰されていました。

ポ2/ルイ9世の説明2行/答え入り

lecturer_avatar

ルイ9世が、アルビジョワ派討伐のために組織したのが アルビジョワ十字軍 です。この十字軍遠征により、南部の異端アルビジョワ派は討伐されます。そして、ルイ9世は フランス南部を自らの支配領域に加えたのです。

フィリップ4世の時代には、国王の権力が強くなっていた!

lecturer_avatar

1285年に即位した フィリップ4世 の時代には、国王の力が強くなっていました。 十字軍の失敗諸侯や騎士は困窮 し、国王に助けを求める状況になっていたのです。彼らを助けるために、フィリップ4世は 三部会 を開催し、 聖職者への課税 を取り決めました。

ポ2/フィリップ4世の説明2行/答え入り

lecturer_avatar

この後、聖職者の課税に反発する教皇 ボニファティウス8世 との対立が深まり、 アナーニ事件教皇のバビロン捕囚 につながっていきました。以上の流れをしっかり覚えておきましょう。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

フランスの王様は権力が弱い!
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世ヨーロッパ世界の各国史

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B