高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!「ローマ皇帝」であるがゆえの苦悩…

26
Movie size

5分でわかる!「ローマ皇帝」であるがゆえの苦悩…

26

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「ローマ皇帝」であるがゆえの苦悩…

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の各国史2 ポ1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

中世ヨーロッパ世界の各国史、第2回。
今回は「ドイツ史」を学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「神聖ローマ皇帝の権力」です。
現在 ドイツ と呼ばれる国は、当時は 神聖ローマ帝国 と呼ばれていました。今回の主役は、神聖ローマ帝国の初代皇帝 オットー1世 です。まずは、神聖ローマ帝国の領土を地図で確認しましょう。

ポ1の地図のみ/テキストや図は不要/書き込みアリ

lecturer_avatar

斜線で示されているのが、当時の神聖ローマ帝国の領土です。この領土を支配していたのが、神聖ローマ皇帝の オットー1世 でした。実は、彼はある「悩み」を抱えていたのです。

ローマ皇帝は、地上における神の代理

lecturer_avatar

そもそも「ローマ皇帝」とは、 地上における神の代理 という立場を表していました。神の代理としてキリスト教世界を守護する役割を持っていたのです。

lecturer_avatar

しかし、オットー1世にはある悩みがありました。 国内の諸侯が言うことを聞いてくれない 、という悩みです。当時は諸侯の力が強く、皇帝といえども思い通りに諸侯を動かすことはできなかったのです。そこで、オットー1世は 帝国教会政策 と呼ばれる政策を進めました。こちらを見てください。

ポ1下部の図のみ/テキストや地図は不要/左ツメ

教会を味方につけ、諸侯を従えようとした

lecturer_avatar

オットー1世は 教会を味方につけて諸侯に対抗する という作戦を立てました。彼は、神の代理である「ローマ皇帝」の立場を利用して 国内の聖職者の任免権を握ったのです。

lecturer_avatar

「任免権」というのは 任命したりやめさせたりする権利 です。聖職者の任免権を皇帝が握ったことで、各地の教会は皇帝の言うことに従うようになりました。この政策を 帝国教会政策 といいます。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

「ローマ皇帝」であるがゆえの苦悩…
26
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世ヨーロッパ世界の各国史

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B