高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!イギリスの王様は最初から権力が強い

11
Movie size

5分でわかる!イギリスの王様は最初から権力が強い

11

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

イギリスの王様は最初から権力が強い!

高校世界史 中世ヨーロッパ世界の各国史1 ポ1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

中世ヨーロッパ世界の各国史、第1回。
今回は「イギリス・フランス史」です。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「中世イギリスの歴史」です。
まずは イギリスの歴史 に注目します。

イギリスでは、十字軍の前から王の権力が強かった!

lecturer_avatar

イギリスは、中世ヨーロッパ諸国の中では例外的に 国王が十字軍の前から強い権力を持っていました。 他の国では 十字軍遠征失敗で諸侯・騎士が没落 し、その後でようやく王の権力が強くなったのです。

lecturer_avatar

いったいなぜ、イギリスでは王の権力が強かったのでしょうか?その秘密を探るべく、 イギリスの2つの王朝 に注目します。

ノルマン朝の時代

lecturer_avatar

最初に紹介するのは ノルマン朝 (1066~1154)です。ノルマン朝は ウィリアム1世 によって建国されました。

lecturer_avatar

ウィリアム1世は、その出自に特徴があります。実は、彼は イギリス出身ではありませんでしたロロ が建国した、 北フランスのノルマンディー公国 出身だったのです。

ポ1前半/ノルマン朝の項目/答えアリ

lecturer_avatar

ウィリアム1世は部下を率いてイギリスを征服し、ノルマン朝を建国します。この事績から、彼は「 征服王 」とも呼ばれます。 武力で制圧して建国したからこそ、国王の権力が強いわけです。 彼は 出身国フランスの統治方法 を導入し、 強力な封建王政を確立しました。

lecturer_avatar

授業の冒頭で、 イギリスは最初から王権が強かった とお伝えしましたよね。その理由はここにあります。 ウィリアム1世が武力でイギリスを征服し、ノルマン朝を建国した からこそ、国王の権力が強かったというわけです。

プランタジネット朝の時代

lecturer_avatar

ノルマン朝の後に成立したのが プランタジネット朝 (1154~1399)です。プランタジネット朝の初代国王 ヘンリ2世 は、非常に広大な領土を獲得しました。地図で確認しましょう。

ポ1/最後の地図のみ表示、テキスト部分不要/書き込みアリ

lecturer_avatar

ヘンリ2世は、フランスの貴族 アンジュー家 の出身でした。もともと大陸部にも領土を持っていた上に、イギリス王に即位した後は、イギリスの領土も支配したのです。

lecturer_avatar

ヘンリ2世は、イギリスの領土に加え フランス西部大半を領有しました。 これに反発したのが フランス王 です。フランス王にとっては、国内が次々にイギリス領になっていくのが不愉快だったのです。このように、ヘンリ2世の即位後 イギリスとフランスの関係は悪化しました。

広大な領土を失った「ジョン王」

lecturer_avatar

ヘンリ2世の後には ジョン王 という王様が登場します。彼は、正直言って ダメダメな王様でした。 1209年、教皇権絶頂期の教皇 インノケンティウス3世 に破門されます。1214年には仏王 フィリップ2世 に敗れ、大陸イギリス領土の大部分を失いました。

ポ1後半/ジョン王の説明3行/・ジョン王~マグナ=カルタ)の承認、まで

lecturer_avatar

ジョン王の失政に怒った人々は、 国王の力を制限しようとしました。 その結果、1215年、ジョン王は貴族の圧力を受けて 大憲章マグナ=カルタ )を承認することになりました。この憲章により 課税には貴族の同意が必要となりました。

ヘンリ3世の時代、シモン=ド=モンフォールの反乱が発生!

lecturer_avatar

ジョン王の後を継いだのが ヘンリ3世 です。彼の時代には、貴族の シモン=ド=モンフォール が反乱を起こします。

ポ1後半/ヘンリ3世の説明3行/・ヘンリ3世~イギリス議会の起源、まで

lecturer_avatar

反乱を主導したシモン=ド=モンフォールは、1265年に 諮問議会 を開きます。この議会には、貴族や聖職者・騎士など さまざまな身分の代表者 が集まり、国王の政治を審議・評価したのです。これが、現在まで続く イギリス議会の起源になりました。

エドワード1世と模範議会/エドワード3世と二院制議会

lecturer_avatar

1272年に即位した エドワード1世 の時代には、 模範議会 が召集されました。これ以降、貴族・聖職者・騎士・各都市の代表が集まる 身分制議会 が、定期的に開催されるようになりました。

lecturer_avatar

1327年に即位した エドワード3世 の時代には、 上院 (貴族院)と 下院 (庶民院)で構成される 二院制議会 が確立します。上院は 貴族と聖職者 、下院は 各州の騎士と各都市の代表 で構成されました。

ポ1後半/ラスト6行/・エドワード1世~最後まで/地図は不要、テキスト左詰め

lecturer_avatar

以上、中世イギリスの歴史を説明しました。中世のイギリスでは 十字軍の前から国王の権力が強かった ため、政治能力が低い王様が登場すれば、国がピンチになってしまいます。そこで、貴族たちは 国王の権力をなるべく制限しようとしたのです。 この流れをしっかり覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

イギリスの王様は最初から権力が強い
11
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中世ヨーロッパ世界の各国史

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B