高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!海水生硬骨魚類の体液濃度調節に関する問題

18

5分で解ける!海水生硬骨魚類の体液濃度調節に関する問題

18
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持30 練習 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

塩分を排出するのは主に「えら」

高校 生物基礎 体内環境の維持30 練習(1)

lecturer_avatar

マグロやタイなどの海水生硬骨魚類は、体液に対して外液の海水の方が濃度が高くなっています。そのため、水が体内から常に出て行きます。したがって、海水生硬骨魚類は水分不足に陥らないよう 海水 を口から取り入れていましたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持30 練習(2)

lecturer_avatar

海水生硬骨魚類が口から取り入れている海水には大量の塩分が含まれています。余分な塩分を体内から排出する重要な器官がえらでした。よって、えらの働きは、 塩分を排出 することとなります。

高校 生物基礎 体内環境の維持30 練習(3)

lecturer_avatar

理想の尿は、高濃度で少量ですが、マグロやタイは自らの体液よりも高濃度の尿を産生するほど腎臓が強くないため、 体液と同じ濃度少量 の尿を排出しています。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持30 練習 答え
オンライン個別指導塾
海水生硬骨魚類の体液濃度調節
18
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

体内環境の維持

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      体液濃度調節のしくみ

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校生物基礎