高校生物基礎
高校生物基礎
5分で解ける!尿生成に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!尿生成に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持34 練習 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

再吸収は2段階のプロセス

高校 生物基礎 体内環境の維持34 練習(1)

lecturer_avatar

人は1日に原尿を約180L生成し、再吸収を経て約2Lの尿が体外へと排出されます。つまり、かなりの量の原尿が再吸収されているということです。そして原尿の水分は、そのほとんど(約170L)が 腎細管 で自動的に再吸収され、残った水分を 集合管 で再吸収することで最終的な尿の量を調節します。

lecturer_avatar

水分量の最終的な調節は、集合管のバソプレシンというホルモンの働きで行われるため、 集合管 だけを答えにしてしまう人がいますが誤りです。水分のほとんどは 腎細管 で再吸収されているのですね。

高校 生物基礎 体内環境の維持34 練習(2)

lecturer_avatar

鉱質コルチコイド というホルモンが出て、ナトリウムの再吸収を促進させるのは、 腎細管 でしたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持34 練習(3)

lecturer_avatar

ナトリウムイオンと水分は、体内の状況に応じて吸収される量が調節されていました。そしてそれは、 鉱質コルチコイドバソプレシン と呼ばれる ホルモン によって促進されるのでしたね。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持34 練習 答え 解答にミスあり 修正後解答を使用
尿生成
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          体液濃度調節のしくみ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎