高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!体内成分の測定

10
Movie size

5分でわかる!体内成分の測定

10

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

体内成分の測定

高校 生物基礎 体内環境の維持35 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

みなさんは病院で健康状態を調べるとき、 血液検査尿検査 を行ったことがありませんか? 血しょう(血液の液体成分)や尿などの体液を採取することで、いったい何を調べているのでしょうか?

体に足りない成分や、腎臓の働きがわかる!

lecturer_avatar

わたしたちほ乳類において、体液濃度の調節を担っているのは腎臓です。これまで学習してきた腎臓が尿をつくるプロセスをもう一度簡単に振り返りましょう。

高校 生物基礎 体内環境の維持34 ポイント2 図のみ
lecturer_avatar

腎臓では、糸球体に流れ込んだ血液がろ過されてボーマンのうへと流れ込みます。この液体成分を 原尿 といいましたね。原尿のうち体に必要な成分は、腎細管、集合管を通る際に血液中に 再吸収 されるのでした。

lecturer_avatar

病院での血液検査や尿検査では、血しょうや尿にどの成分がどれくらいの濃度であるかを知ることができます。尿や血液の成分を調べれば、「いま体にいったいどんな成分が足りないのか」「腎臓はしっかり働いているのかどうか」といった健康状態がわかることになるのです。

高校 生物基礎 体内環境の維持35 ポイント1
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

体内成分の測定
10
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          体液濃度調節のしくみ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎