高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!ほ乳類の体液濃度調節

15
Movie size

5分でわかる!ほ乳類の体液濃度調節

15
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

ほ乳類の体液濃度調節

高校 生物基礎 体内環境の維持32 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

生きるために必要なエネルギーは、細胞内での代謝によってつくられています。代謝が安定的に行われるには、体液濃度の調節が不可欠でしたね。体液濃度の調節について、単細胞生物、無セキツイ動物、魚類とみてきましたが、今回からはいよいよ ほ乳類 に注目していきましょう。

ヒトは2つの腎臓で尿を生成

lecturer_avatar

魚類は、えらと腎臓を使って体液濃度を調節していました。しかし、ほ乳類には魚類と違ってえらがありません。哺乳類は、 腎臓における尿生成 を通して、体液濃度を一定の範囲内に保っています。

lecturer_avatar

わたしたちヒトの場合、背中側に2つの腎臓が備わっています。

高校 生物基礎 体内環境の維持32 ポイント1
lecturer_avatar

この腎臓がいったいどのような構造になっているのかを次の授業で確認しましょう。

Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

春キャンペーン2019
ほ乳類の体液濃度調節
15
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019