高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!AIDS<後天的免疫不全症候群>に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!AIDS<後天的免疫不全症候群>に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持16 練習 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

AIDSの発症メカニズムは?

高校 生物基礎 体内環境の維持16 練習(1)

lecturer_avatar

AIDSは、 後天性免疫不全症候群 という病気の名称でしたね。AIDSは、 HIV という ヒト免疫不全ウイルス に感染することによって起こるとされていましたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持16 練習(2)

lecturer_avatar

HIVが感染するのは、 ヘルパーT細胞 でしたね。ヘルパーT細胞は、樹状細胞からの抗原提示を唯一受けることができる細胞で、替えがききません。ヘルパーT細胞を産生する胸腺は、成人するまでに退化してしまうので、補充することもできないのです。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持16 練習 答え
AIDS<後天的免疫不全症候群>
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          免疫

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎