高校生物基礎
高校生物基礎
5分でわかる!血清療法のしくみ

1
Movie size

5分でわかる!血清療法のしくみ

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

血清療法のしくみ

高校 生物基礎 体内環境の維持18 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回は、 血清療法 について説明していきます。
前回学習した予防接種も、血清療法も、 体内に投与する という点では共通していますが、目的や投与するものが全く異なります。予防接種との違いを意識しながら、みていきましょう。

治療を目的とした投与が「血清療法」

lecturer_avatar

図の男の子は、ヘビにかまれて毒が体に回っている様子を示しています。

高校 生物基礎 体内環境の維持18 ポイント1 図の左側の男の子のみ
lecturer_avatar

男の子の体内では、ヘビ毒に対する免疫システムが作動していますが、追いついていません。大量の汗が噴き出て、かなり危険な状況です。

lecturer_avatar

こんな状況で役に立ってくるのが 血清療法 なのです。血清療法では、他の動物の体内で作られたヘビ毒の抗体を含んだ血清を患者に投与します。すると、男の子の体内では、自分の体内でつくった抗体と、投与された抗体との2馬力でヘビ毒に対処できるようになるのです。

高校 生物基礎 体内環境の維持18 ポイント1
lecturer_avatar

血清療法 は、 予防 が目的の 予防接種 とは異なり、 治療 が目的です。
また、この血清療法を見つけたのは、 北里柴三郎 と呼ばれる日本人であるということも覚えておいてください。

Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

血清療法のしくみ
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          免疫

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎