高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!中心体の働き

1
Movie size

5分でわかる!中心体の働き

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

中心体の働き

高校 生物基礎 細胞15 ポイント2

これでわかる!
ポイントの解説授業

「中心体」は必ず「核のそば」にある

lecturer_avatar

続いて、「中心体」の構造と働きを詳しく見ていきましょう。左の図は細胞全体の図、右隣りの図は中心体をさらに拡大した図です。

高校 生物基礎 細胞15 ポイント2 囲みは除く
lecturer_avatar

中心体は細胞全体の図からもわかる通り、 必ず核のそばに位置 しています。
また右隣りの拡大図のように、中心体は一つの物質からできているわけではありません。中心粒と呼ばれる物質が90°クロスして重なることで構成されています。

細胞骨格が合成されるときの起点

lecturer_avatar

中心体は、細胞骨格と深い関わりがあります。 中心体は、細胞骨格が合成されるときの起点 になっているのです。

高校 生物基礎 細胞15 ポイント2 囲みは除く
lecturer_avatar

細胞骨格は、ずっと同じ形のまま細胞内にあるわけではありません。常に分解され、常に合成されています。細胞骨格が分解され、合成されることで、細胞は状況に応じて形を変化させることが可能になっています。

細胞分裂では、染色体を引き寄せる

lecturer_avatar

細胞骨格の合成の起点となる中心体のはたらきを、1つ具体的に見てみましょう。
実は、細胞分裂において、中心体は大活躍するのです。

高校 生物基礎 細胞15 ポイント2 囲みは除く
lecturer_avatar

細胞分裂が起きる時、中心体は細胞の両端に移動します。両端に移動した中心体は端から細胞骨格の合成を開始して、核に向けて細胞骨格を伸ばしていきます。

lecturer_avatar

中心体から伸びてきた細胞骨格は、染色体に接続し、染色体を中心体の方に引き寄せていきます。このようにして細胞の中心が分断されることで、分裂後の2つの細胞に染色体すなわち遺伝子が分配されます。

精子の”しっぽ”の骨も合成

lecturer_avatar

細胞分裂のほかに、もう1つ例をあげましょう。
精子が泳げるのも、実はこの中心体のおかげなのです。

lecturer_avatar

精子が受精をするためには、卵のところまで泳いでいく必要がありますね。泳ぐのに用いるのは、しっぽのような形をしたべん毛です。このべん毛も、骨がないとうまく動かすことができませんね。

lecturer_avatar

ここでも中心体が精子の中で細胞骨格の合成の起点になり、べん毛の先まで細胞骨格が伸びるようにしています。

高校 生物基礎 細胞15 ポイント2
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

中心体の働き
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      細胞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          細胞の構造

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎