高校物理

高校物理
5分で解ける!熱機関の熱効率に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!熱機関の熱効率に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

熱力学16 練習2 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ピストン運動の1サイクルについての問題です。 A→Bは等温変化、B→Cはピストン固定、C→Aは断熱変化 です。どのような条件の下での状態変化かに注目して解いていきましょう。

等温変化 ⇒ ΔU=0

熱力学16 練習2 (1)の問題文と図

lecturer_avatar

(1)はA→Bの過程での仕事Woutを求める問題ですね。 A→Bは等温変化です。等温変化ということは 温度が一定 ということですね。温度が一定であれば、内部エネルギーも一定となり、 内部エネルギーの変化ΔU=0 となります。

lecturer_avatar

熱力学第一法則Qin=ΔU+Wout を使うと、ΔU=0より、気体が外にした仕事Woutは吸収熱Qinそのものになります。

(1)の答え
熱力学16 練習2 (1)解答すべて

(外部にした仕事)=(吸収熱)-(放出熱)

熱力学16 練習2 (2)問題文と図

lecturer_avatar

1サイクルで気体が外部にした仕事Woutを求める問題です。Aから始まってAに戻るので最初と最後の温度は同じ、つまり 内部エネルギーの変化はありませんΔU=0 となります。

lecturer_avatar

次に、1サイクルでの吸収熱の合計を考えます。AからBは(1)より10[J]の熱を吸収し、BからCでは問題文より7.0[J]の熱を放出しています。また、CからAは 断熱変化 なので 吸収熱は0 です。したがって、吸収熱の合計は10−7.0=3.0[J]です。

lecturer_avatar

熱力学第一法則Qin=ΔU+Wout を使うと、ΔU=0より、気体が外にした仕事Woutは吸収熱の合計3.0[J]と等しくなります。

(2)の答え
熱力学16 練習2 (2)解答すべて

熱効率 ⇒ 吸収熱のうち仕事に使われる割合

熱力学16 練習2 (3)問題文
lecturer_avatar

(3)は熱効率eを求める問題ですね。熱効率は 吸収熱のうち仕事に使われる割合 です。熱効率eを求める式は、 分母が吸収熱10[J]分子が外にした仕事W=3.0[J] となります。

(3)の答え
熱力学16 練習2 (3)解答すべて
熱機関の熱効率
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      熱力学

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          熱力学第一法則

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校物理