高校物理

高校物理
5分でわかる!鉛直ばね振り子

3
Movie size

5分でわかる!鉛直ばね振り子

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

鉛直ばね振り子

高校物理 運動と力88

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は 鉛直ばね振り子 について解説していきます。水平面上で左右に単振動する水平ばね振り子に対し、鉛直面上で上下に単振動するのが鉛直ばね振り子です。

つりあいの位置が中心となる

lecturer_avatar

天井からばねをつるし、その下端に質量mのおもりをとりつけます。すると、下図のように、ばねは自然長からdだけ伸びてつりあいました。

高校物理 運動と力88 ポイント1 左側の図

lecturer_avatar

自然長の位置からdだけ伸びた つりあいの位置を原点o とします。 おもりにはたらく力が0となる場所が単振動の中心 になるので、 つりあいの位置が中心となる のです。

lecturer_avatar

おもりにはたらく重力をmg、ばね定数をkとすると、上下の力のつりあいの式から、
mg=kd
となりますね。

おもりが位置xにあるときにはたらく力は?

lecturer_avatar

次に、質量mのおもりをとりつけた鉛直ばね振り子を上下に振動させることを考えます。おもりを手でつかみ、x=0から下げて手を離すと、鉛直ばね振り子は上下に振動しますね。

高校物理 運動と力88 ポイント1 2つの図

lecturer_avatar

このときの鉛直ばね振り子の周期Tを求めてみましょう。つりあいの場所を原点に定め、下向きを正としたx軸を与えます。

lecturer_avatar

おもりが位置xにあるとき、はたらく力はどうなりますか?おもりにはたらく下向きの力は、重力のmgです。これに対し、上向きの力、つまり、ばねがおもりを引っ張り上げる力はいくつになるでしょうか?原点のときと同じkxと考えがちですが、違います。ばねの伸びは自然長からの距離なのでd+xになりますね。つまり、ばねが引っ張り上げる力はk(d+x)です。

lecturer_avatar

これらの情報をもとに運動方程式を立てます。下向きを正としているので
ma=mg−k(d+x)
ですね。ここで、原点のときに求めたつり合いの式mg=kdを代入してみましょう。
ma=mg−kd−kx
⇔ma=mg−mg−kx
ma=−kx
となり、おもりが単振動をすることがわかりますね。

単振動の角振動数ωと周期Tを求めよう

lecturer_avatar

運動方程式 ma=−kx から、鉛直ばね振り子の単振動の角振動数ωと周期Tを計算することができます。
加速度aの式に直すと
a=−kx/m
ここで、a=−ω2xより、
−ω2x=kx/m
つまり、 ω=√(k/m) と求まります。さらに、周期Tと角振動数ωにはT=2π/ωという関係があるので、ωを代入しましょう。

高校物理 運動と力88 ポイント1 クマさんのまとめ 3行目 空欄埋める

lecturer_avatar

と、周期Tが表せました。周期Tの式は、水平ばね振り子の単振動の周期と全く変わりませんね。つまり、 水平ばね振り子でも、鉛直ばね振り子でも周期T=2π√(m/k) となります。

lecturer_avatar

今回の重力のように、 ばねの力以外にはたらく力が一定のとき、周期は2π√(m/k) で求めることができるということをしっかりと覚えてください。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

鉛直ばね振り子
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。