高校物理

高校物理
5分で解ける!投げ下げに関する問題

0
Movie size

5分で解ける!投げ下げに関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

運動と力11の練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

初速度 がある 投げ下げ(投げおろし)運動 の問題です。問題文に 有効数字2桁 で答えよ、と条件があるのも見逃さないようにしましょう。

投げ下げ運動を図で表そう

運動と力11の練習 問題文と(1)

lecturer_avatar

(1)は、ボールが地面に達したときの速さを求める問題です。まずは図でこの物体の運動を表してみましょう。初速度v0=4.9[m/s]、重力加速度g=9.8[m/s2]、時間t=1.0[s]より、下の図のように描けますね。

運動と力11の練習 図

lecturer_avatar

加速度aは、下向きをプラスに定めると重力加速度+gのみがはたらきます。

投げ下げは「等加速度直線運動」

lecturer_avatar

では、ボールが地面に達した1.0[s]のときの速さを求めていきましょう。投げ下げ運動は、 初速度v0、加速度gの等加速度直線運動 として立式できましたね。

運動と力11の練習 図の右側2行目、3行目の式

lecturer_avatar

2つの式のうち、上が速度vの式、下が位置yの式となります。(1)は、速さを求める問題なので、上の式に 初速度v0=4.9[m/s]、加速度g=9.8[m/s2]、時間t=1.0[s] を代入しましょう。ボールが地面に達したときの速さvが求められます。

(1)の式
運動と力11の練習 (1)の式と答え
lecturer_avatar

有効数字2桁 で答えることを忘れないように気を付けましょう。

屋上の高さ=ボールの移動距離

運動と力11の練習 問題文と(1)

lecturer_avatar

(2)は、自宅の屋上の高さを求める問題です。屋上の高さは、図を見てもわかるように ボールの地面までの移動距離と同じ ですね。

運動と力11の練習 図

lecturer_avatar

投げ下げ運動の位置の式
y=v0t+(1/2)gt2
を利用しましょう。
初速度v0=4.9[m/s]、加速度g=9.8[m/s2]、時間t=1.0[s] を代入すれば求められますね。

(2)の答え
運動と力11の練習 (2)の式と答え
投げ下げ
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校物理の問題