高校数学Ⅱ

高校数学Ⅱ
5分で解ける!不等式の表す領域(1)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!不等式の表す領域(1)に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅱ 図形と方程式31 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

不等式が表す領域を図示する問題ですね。
ポイントは以下の通りでした。

POINT
高校数学Ⅱ 図形と方程式31 ポイント

境界線の上側か下側かを見極めよう

高校数学Ⅱ 図形と方程式31 例題(1)

lecturer_avatar

境界線は y=x+1 となりますね。
不等号の向きは なので、表す領域は 境界線の上側 になりますね。

lecturer_avatar

ここで注意!
式を見ると不等号に =はついていません ね。この 領域は境界線を含まない といえます。「境界線を含まない」という言葉を必ず書きましょう。

(1)の答え
高校数学Ⅱ 図形と方程式31 例題(1)答え

高校数学Ⅱ 図形と方程式31 例題(2)

lecturer_avatar

境界線は y=-2x+3 です。
不等号は なので、領域は境界線の下側とわかります。
式は=を含んでいるので、 境界線は含みます ね!

(2)の答え
高校数学Ⅱ 図形と方程式31 例題 答え
春キャンペーン2019
不等式の表す領域(1)
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

図形と方程式の問題