高校数学A

高校数学A
5分で解ける!平行線の性質のおさらい2(三角形)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!平行線の性質のおさらい2(三角形)に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう

高校数学A 図形の性質4 例題

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

平行線と線分比についての問題だね。次のポイントは、図形問題を解く際の基本となる知識なので、しっかりおさえておこう。

POINT
高校数学A 図形の性質4 ポイント

底辺が平行⇔「(上):(下)=[上]:[下]」

高校数学A 図形の性質4 例題

lecturer_avatar

PQ//BC を手掛かりにして解いておこう。ポイントで紹介した平行線と線分比の関係から、 AP:PB=AQ:QC が言えるね。つまり、 9:x=6:2 。この比例式を解くと、 x=3 だとわかるね。

答え
高校数学A 図形の性質4 例題の答え xの部分だけ

△APQ∽△ABCから考えよう

高校数学A 図形の性質4 例題

lecturer_avatar

yの値も求めていこう。△APQ∽△ABCから、 AP:AB=PQ:BC が言えるね。つまり、 9:12=y:10 。この比例式を解くと、 y=7.5 だとわかるね。

答え
高校数学A 図形の性質4 例題の答え yの部分だけ
春キャンペーン2019
平行線の性質のおさらい2(三角形)
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019