高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!複数形の名詞を使った重要表現に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!複数形の名詞を使った重要表現に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校英語文法 名詞・冠詞9・10の練習(1)(2) アイコンあり

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

この問題を解くポイントは 「複数形の名詞を使った重要表現」をしっかり押さえること です。

高校英語文法 名詞・冠詞9・10のポイント アイコンなし

友達になるのは「自分」も「相手」も

lecturer_avatar

では,さっそく問題を解いていこう。

高校英語文法 名詞・冠詞9・10の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)では,neighbor「隣人」「お隣さん」だね。
今回は make friends with「人と友達になる」
という表現が使われているよ。

lecturer_avatar

his new neighbor「新しい隣人」が人に当たるよね。
だから,
He made friends with his new neighbor.
「彼は新しいお隣さんと友達になった。」
となるんだね。

(1)の答え
高校英語文法 名詞・冠詞9・10の練習(1)の答え アイコンなし

電車から電車に乗り換えるから複数形

lecturer_avatar

続いて,(2)を見てみよう。

高校英語文法 名詞・冠詞9・10の練習(2) アイコンあり

lecturer_avatar

(2)では change trains「電車を乗り換える」 という表現が使われているね。
at Shin-Osakaで「新大阪駅で」となるよ。

lecturer_avatar

だから最初から訳すと,
You should change trains at Shin-Osaka.
「あなたは新大阪駅で電車を乗り換えるべきです。」
となるんだね。

lecturer_avatar

trainが複数形のtrainsになることに気を付けよう。

(2)の答え
高校英語文法 名詞・冠詞9・10の練習(2)の答え アイコンなし
複数形の名詞を使った重要表現
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      名詞・冠詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校英語文法