高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!複数形の名詞を使った重要表現に関する問題

20
Movie size

5分で解ける!複数形の名詞を使った重要表現に関する問題

20

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

高校英語文法 名詞・冠詞9・10の入試レベルにチャレンジ アイコンあり

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

「人」と「人」の仲の良し悪しは複数形

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

高校英語文法 名詞・冠詞9・10の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

カッコの中の英語を並び替える問題だよ。
ただし,余計な1語が含まれることに注意しよう。

lecturer_avatar

今回の文章では,「仲が悪い」という表現があるね。
これは,複数形の名詞を使った重要表現で学んだ,
「人と仲が良い」be on good terms with 人
の応用表現になるよ。

lecturer_avatar

「良い」goodの反対は「悪い」badだから,
「人と仲が悪い」はbe on bad terms with 人
となるんだね。
今回はトムが人に当たるから
「トムと仲が悪い」は be on bad terms with Tom となるよ。

lecturer_avatar

そして「数年間仲が悪いままだ」となっていることから,過去から現在につながる現在完了形を用いるんだ。
だから,
「メアリーはトムと数年間仲が悪いままだ。」
Mary has been on bad terms with Tom for several years.
となるんだね。
今回はforが余計な1語でした。

lecturer_avatar

beとgood termsの間に状態を表すonが入ることに注意しよう。

答え
高校英語文法 名詞・冠詞9・10の入試レベルにチャレンジ 答え入り アイコンなし
複数形の名詞を使った重要表現
20
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      名詞・冠詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校英語文法