高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!言う・話す系動詞(tell/say/speak/talk)の使い分けに関する問題

9

5分で解ける!言う・話す系動詞(tell/say/speak/talk)の使い分けに関する問題

9
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校英語文法 動詞13・14の練習(1)(2) アイコンあり

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

英文を日本語に訳す問題だね。(1)はsay,(2)はtellの訳出に注意しよう。

高校英語文法 動詞13・14のポイント アイコンなし

saidの内容はthat節で表現

高校英語文法 動詞13・14の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

Tom said「トムは言った」とあるね。トムが言った内容は,そのあとのthat節が表しているよ。

lecturer_avatar

he would be absent from school next week「来週,学校を休む予定だ」。
be absent from~「〜を欠席する」 だね。Tom said の時制にあわせて,willが過去形のwouldになっているよ。

lecturer_avatar

もし,言った相手を表したい場合は said to 人 that S V 「人に~と言った」 となることもおさえておこう。said の直後に人は置けず,to が必要になるんだったね。

(1)の答え
高校英語文法 動詞13・14の練習(1)の答え アイコンなし

直後に人がくるtell

高校英語文法 動詞13・14の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

Please tell me「私に教えて」とあるね。直後には人を置けるのがtellの特徴だったね。

lecturer_avatar

教えてほしい内容は,そのあとのwhen節が表しているよ。when you will arrive「あなたがいつ到着するか」。Please tell me when you will arrive.「どうぞ私にあなたがいつ到着するのか教えてください。」という意味だとわかるよ。

lecturer_avatar

tell 人 意味のカタマリ 」の時は、前置詞を使わないで、that節when節などを使って,tell 人 that~ ,tell 人 when~と表すことも押さえておこう。

(2)の答え
高校英語文法 動詞13・14の練習(2)の答え アイコンなし
オンラインLIVE夏期講習
言う・話す系動詞(tell/say/speak/talk)の使い分け
9
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

動詞

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校英語文法