高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!by以外の前置詞を使う受動態に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!by以外の前置詞を使う受動態に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

チャレンジ

一緒に解いてみよう

受動態2の入試レベルにチャレンジ

解説

これでわかる!
チャレンジの解説授業

「~として」という日本語に注目!

lecturer_avatar

入試レベル問題にチャレンジしてみましょう。

受動態2の入試レベルにチャレンジ アイコンなし

lecturer_avatar

まず、カッコの後のa great scientistは「偉大な科学者」という意味。
今回は「知られている」なので、受動態を使うよね。
選択肢を見ると、受動態の形をとっているis knownまでは全て同じだよね。
違うところは、その後の 前置詞に何を使うのか 、ということ。

lecturer_avatar

どんな前置詞を使うのかを考えるから、 日本語の「として」という部分に注目 しよう。
実は、 「~として」は前置詞asを使って表す んだ。
be known as ~で、「~として知られている」 となるんだ。
なので、今回は ③is known as が正解です!

答え
受動態2の入試レベルにチャレンジ 答え入り
lecturer_avatar

他の選択肢も、全て違う意味の熟語だから、確認しておこう。
be known to ~は、「~に知られている」 という意味だったね。
be known for ~は、「~で知られている、有名だ」 (=be famous for)という意味。
be known by ~は、「~で判断される」 という意味で、主に格言で使われるよ。
今回のように、問題を解きながら、だんだんと知識を増やしていこう。

lecturer_avatar

「by以外の前置詞を使う受動態」、しっかり理解できたかな?

by以外の前置詞を使う受動態
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。