中学公民

中学公民
5分で解ける!民事裁判に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!民事裁判に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民23 練習2(最初の5行<民事裁判~和解が成立することも、まで> かっこ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント2で学習した内容を、問題を解いて確認しましょう。

個人や企業の争いを何という?

中学公民23 練習2(最初の2行<民事裁判~地方公共団体を訴える、まで> かっこ空欄

lecturer_avatar

裁判には大きく2種類あります。
そのうち 個人(企業)と個人(企業)が争う裁判 を何と言いますか?
正解は 民事裁判 ですね。
授業では、民事裁判の例として 国民が国や地方公共団体を訴える裁判 を紹介しました。
このような裁判を何と言いますか?
正解は 行政裁判 です。

訴えた側と訴えられた側 それぞれ何と呼ばれる?

中学公民23 練習2(最初の3行<訴えた側を~和解が成立することも、まで> かっこ空欄

lecturer_avatar

民事裁判において 訴えた側と訴えられた側 をそれぞれ何と言いますか?
訴えられた側は 原告 、訴えられた側は 被告 でしたね。

lecturer_avatar

裁判官は、原告と被告の訴えを聞いて、最終的に 勝訴と敗訴 を判定します。
ただし、原告と被告が話し合って 和解 が成立することもあります。
争っている人たちが、互いに譲り合って争いをやめる約束をすること を和解というのです。
少し難しい言葉ですが、是非覚えておきましょう。

答え
中学公民23 練習2(最初の5行<民事裁判~和解が成立することも、まで> 答え入り
民事裁判
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      政治参加と国の政治

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民