中学歴史

中学歴史
5分で解ける!世界恐慌の影響と各国の対策に関する問題

14
Movie size

5分で解ける!世界恐慌の影響と各国の対策に関する問題

14

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史57 練習2 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習2は、世界恐慌の影響と各国の対応についての問題です。
世界恐慌に対して、アメリカ・イギリス・フランス・ソ連の各国はどのように対応したのか、確認しましょう。

アメリカの対策 公共事業で失業者を助ける

中学歴史57 練習2 1~3行目(<アメリカの対策>の項目、<>の見出し含む)カッコ空欄

lecturer_avatar

アメリカでは、 ルーズベルト大統領公共事業 をおこすなど、積極的な不況対策を行いました。
この政策を何と言いますか?
答えは ニューディール政策 です。
ダムや道路工事などの公共事業によって、失業者に仕事とお金を与えたのです。

イギリス・フランスの対策 植民地や関係の深い国々だけで経済圏をつくる

中学歴史57 練習2 4~5行目(<イギリスやフランスの対策>の項目、<>の見出し含む)カッコ空欄

lecturer_avatar

イギリス・フランスの対策は 植民地や関係の深い国々だけで経済圏をつくる ことでした。
これを何と言いますか?
答えは ブロック経済 です。
イギリス・フランスは当時たくさんの植民地を持っていたので、こうした対策が可能でした。

ソ連は世界恐慌の影響を受けなかった!計画経済の名前は?

中学歴史57 練習2 6~8行目(<ソ連への影響>の項目、<>の見出し含む)カッコ空欄

lecturer_avatar

各国が対応に苦しむ中、ソ連は 世界恐慌の影響を受けませんでした。
その理由は、ソ連が 計画経済 政策を進めていたからです。
答えは 五カ年計画 ですね。
指導したのは スターリン です。

答え
中学歴史57 練習2 答え入り
世界恐慌の影響と各国の対策
14
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。