中学歴史
中学歴史
5分でわかる!日ソ共同宣言と国際連合への加盟

9
Movie size

5分でわかる!日ソ共同宣言と国際連合への加盟

9

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

社会主義のソ連と国交回復 日ソ共同宣言で国際連合に加盟

中学歴史65 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

昭和時代9のポイント1は、「日ソ共同宣言」です。
日本がソ連と国交を回復し、国際社会に復帰していく様子を学習しましょう。
こちらを見てください。

中学歴史65 ポイント1 答え全部

1956年 日ソ共同宣言 日本はソ連と国交を回復

lecturer_avatar

1956年に日ソ共同宣言が調印されます。
この宣言により、日本はソ連と国交を回復します。
当時の首相は鳩山一郎という人物です。
彼がソ連と交渉を重ね、国交回復に成功しました。
ソ連と国交を回復した日本は、同年に国際連合への加盟を果たします。

ソ連に認められることで、国際連合への加盟を果たす

lecturer_avatar

いったいなぜ、ソ連と国交を回復したことが国際連合への加盟に結びつくのでしょうか?
その理由は、ソ連が持つ「拒否権」にあります。

lecturer_avatar

国際連合に新たな国が加盟できるかどうかは、すでに加盟している国々の話し合いによって決まります。
その話し合いの中でも大きな力を持っているのが、アメリカやソ連など、安全保障理事会の常任理事国です。
常任理事国が一国でも反対すれば、話し合いの内容は可決されないというルールがあります。
このような権利を「拒否権」といいます。
日本はかつて国際連合に加盟しようとしましたが、ソ連の反対で参加できませんでした。
日ソ共同宣言でソ連と国交を回復したことで、晴れて日本は加盟することができたのです。

中学歴史65 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

1956年に日ソ共同宣言が成立し、日本が国際連合に加盟したことをおさえておきましょう。

Matsumoto
この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

日ソ共同宣言と国際連合への加盟
9
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。