高校古文

高校古文
5分で解ける!「つ・ぬ」の意味に関する問題

12

5分で解ける!「つ・ぬ」の意味に関する問題

12
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校古文 3章5 練習2 答え無

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題2。「つ・ぬ」の意味を答えよう。

「つ・ぬ」の意味は完了・強意・並列

lecturer_avatar

「つ・ぬ」には完了・強意・並列の3つの意味があったね。どの意味になるかは文脈で判断しよう。また、形から判断することも大切。「つ・ぬ」+過去の助動詞は完了で、具体的には「てき・てけり」や「にき・にけり」の形だった。「つ・ぬ」+推量の助動詞は強意で、16種類の形があったね。このポイントをおさえて問題を解こう。

lecturer_avatar

(1)この子を見れば、苦しきこともやみ
「ぬ」を完了で訳すと「苦しいこともなくなった」で、文脈に合うね。正解は完了。

lecturer_avatar

(2)送りに来つる人々、これよりみな帰りぬ。
「つ」を完了で訳すと「見送りにやってきた人々」で、文脈に合うね。正解は完了。

lecturer_avatar

(3)雷落ちかかりべし。
「ぬべし」は覚えておく形。「つ・ぬ」+推量の助動詞で強意だよ。正解は強意。

lecturer_avatar

(4)かしらおろしけり。
「てけり」は覚えてく形。「つ・ぬ」+過去の助動詞は完了だよ。正解は完了。

lecturer_avatar

(5)このこと、(私は)試みむ。
「てむ」は覚えておく形。「つ・ぬ」+推量の助動詞で強意だよ。正解は強意。

lecturer_avatar

(6)(扇が)白波の上にただよひ、浮きぬ沈みぬ揺られければ、~。
「浮きぬ」と「沈みぬ」に着目しよう。「浮いたり、沈んだり」と訳せるので、正解は並列。

答え
高校古文 3章5 練習2 答え有
オンラインLIVE夏期講習
「つ・ぬ」の意味
12
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

助動詞

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校古文