高校古文

高校古文
5分で解ける!「べし」の活用と接続に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!「べし」の活用と接続に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校古文 3章10 練習1 答え無

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題1。「べし」を適当な活用形にしよう。

「べし」の活用

lecturer_avatar

「べし」の活用は形容詞型で右側が「(べく)・べく・べし・べき・べけれ・〇」、左側が「べから・べかり・〇・べかる・〇・〇」。左側の活用を使うのは「べし」に助動詞が続くときだよ。
このポイントをおさえて問題を解こう。

lecturer_avatar

(1)財多しとて頼む(べし)ず。
「ず」は未然形にくっつき、助動詞なので、左側の活用を使うよ。正解は未然形にして「べから」。

lecturer_avatar

(2)黒き雲にはかに出で来ぬ。風吹きぬ(べし)。
句点の上なので、正解は終止形にして「べし」。

lecturer_avatar

(3)思ひ慰む(べし)世なし。
「世」は体言なので、正解は連体形にして「べき」。

lecturer_avatar

(4)前の世の宿世といふものある(べし)めれば、~。
「めり」は終止形、ただしラ変型には連体形にくっつく。助動詞なので左側の活用を使うよ。左側の活用はラ変型なので、正解は連体形にして「べかる」

lecturer_avatar

(5)仰せごとをばかなへむとこそ思ふ(べし)。
係助詞「こそ」があるので、正解は已然形にして「べけれ」

答え
高校古文 3章10 練習1 答え有
「べし」の活用と接続
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      助動詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校古文