高校古文

高校古文
5分で解ける!「ず」の活用と接続に関する問題

8

5分で解ける!「ず」の活用と接続に関する問題

8
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校古文 3章11 練習1 答え無

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題1。「ず」を適当な活用形にしよう。

「ず」の活用

lecturer_avatar

「ず」の活用は特殊型で右側が「(ず)・ず・ず・ぬ・ね・〇」、左側が「ざら・ざり・〇・ざる・ざれ・ざれ」。左側の活用を使うのは「ず」に助動詞が続くときだよ。
このポイントをおさえて問題を解こう。

lecturer_avatar

(1)日あしければ、船出さ(ず)。
句点の上なので、正解は終止形にして「ず」。

lecturer_avatar

(2)法師ほどうらやましから(ず)ものはあらじ。
「もの」は体言なので、正解は連体形にして「ぬ」。

lecturer_avatar

(3)船の人(海辺から)見え(ず)なりぬ。
「なり」は動詞なので、正解は連用形にして「ず」。

lecturer_avatar

(4)(川の)淵瀬さらに変はら(ず)けり。
「けり」は連用形にくっつき、助動詞なので左側の活用を使うよ。正解は左側の連用形にして「ざり」。

lecturer_avatar

(5)けしうははべら(ず)べし。
「べし」の接続は終止形、ただしラ変型には連体形。「ず」の左側の活用はラ変型だね。正解は連体形にして「ざる」

答え
高校古文 3章11 練習1 答え有
オンライン個別指導塾
「ず」の活用と接続
8
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

助動詞

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校古文