高校古文

高校古文
5分でわかる!「き・けり」の活用と接続

83

5分でわかる!「き・けり」の活用と接続

83
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の要点まとめ

ポイント

「き・けり」の活用と接続

高校古文 3章4 現代文と古文の比較

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

高校古文3章「助動詞」。今回は助動詞「き・けり」について学習するよ。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「き・けり」の活用と接続。現代文で過去を表すときは「我慢し」のように「~た」だけど、古文では「念じ」のように「~き」を使うよ。「き」の他に「けり」も過去の意味になるんだ。まずは「き・けり」の活用表と接続をみていくよ。

高校古文 3章4 「き・けり」の活用と接続

lecturer_avatar

「き」の活用は特殊型で、今まで学習してきたどの活用にも当てはまらないんだ。だから声に出して、頑張って覚えよう!
「けり」の活用はラ変型。ラ変型の活用は「ら・り・り・る・れ・れ」だったね。「けり」の活用表で空欄がどの箇所になるかは覚えよう。

lecturer_avatar

「き・けり」は連用形に接続する。だけど「き」には例外があるんだ。

高校古文 3章4 「き」の接続の例外

lecturer_avatar

「き」はカ変とサ変に接続するときは未然形にも接続するんだ。だけど、「き」が「カ変・サ変」と接続するパターンは限られていて、上にあげた7通りしかないよ。

lecturer_avatar

「き」の活用は特殊型、「けり」の活用はラ変型。「き・けり」の接続は連用形。ただし「き」は「カ変・サ変」には未然形に接続することもある。このことをおさえよう。

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

難関大合格パーソナルプログラム
「き・けり」の活用と接続
83
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム