高校古文

高校古文
5分でわかる!「つ・ぬ」の意味

6

5分でわかる!「つ・ぬ」の意味

6
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の要点まとめ

ポイント

「つ・ぬ」の意味は完了・強意・並列

高校古文 3章5 完了

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「つ・ぬ」の意味。「つ・ぬ」には完了・強意・並列の3つの意味があるよ。それぞれみていこう。

完了「~た・~てしまった」

高校古文 3章5 完了

lecturer_avatar

完了の訳は「~た・~てしまった」。だから、例にある「つけ」は「つけた」、「至り」は「着いた」だよ。つぎは強意をみていこう。

強意「きっと~・はやく~」

高校古文 3章5 強意

lecturer_avatar

強意の訳は「きっと~・はやく~」。だから、例にある「返しむ」は「はやく引き返そう」、「吹きべし」は「きっと吹くだろう」だよ。最後に並列をみていこう。

並列「~たり、~たり」

高校古文 3章5 並列

lecturer_avatar

並列の訳は「~たり、~たり」。だから、例にある「降り、乗り」は「降りたり、乗ったり」、「浮きぬ、沈みぬ」は「浮いたり、沈んだり」だよ。

lecturer_avatar

まずは「つ・ぬ」の3つの意味をおさえよう。次のポイントでは、どういう形のときにどの意味になるかみていくよ。

この授業の先生

黒須 宣行 先生

大手予備校にて、基礎から難関私大対策まで幅広い講座を担当。教師歴30年以上の大ベテラン。豊富な知識・経験に裏打ちされた授業は、独特な親しみやすい人柄もあいまって人気を博している。

オンライン個別指導塾
「つ・ぬ」の意味
6
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾