高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!カンボジア・ラオスの情勢に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!カンボジア・ラオスの情勢に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

アジア諸地域の紛争2 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はカンボジア・ラオスの情勢について学習しました。
内容を確認していきましょう。

ベトナム戦争に巻き込まれた!?

lecturer_avatar

第二次世界大戦後に独立を果たしたカンボジアは、国王シハヌークが親中路線をとり、社会主義へと傾倒していきました。

lecturer_avatar

カンボジアの社会主義化を警戒するアメリカはカンボジア侵攻を行い、親米派の ロン=ノル 政権を成立させました。

lecturer_avatar

アメリカはラオスにも軍事侵攻を行い、左派勢力と対立する親米派の首相を支援しました。

カンボジアにおける内戦の激化

lecturer_avatar

ベトナム戦争が終結すると、米軍が撤退し、後ろ盾を失ったロン=ノル政権は力を失いました。その後カンボジアでは ポル=ポト が政権を握り、中国寄りの外交と、中国をモデルとした国内改革を行いました。赤色クメールが結成され、農村を基盤とする極端な共産主義社会の建設が進められたのです。

lecturer_avatar

ポル=ポトの強権的な独裁政治への反発が強まる中、ベトナムの支援を受けた ヘン=サムリン 政権が成立しました。その後、親中派のポル=ポト政権が打倒されると中国が反発し 中越戦争 が勃発しました。

答え
アジア諸地域の紛争2 練習 答え入り
カンボジア・ラオスの情勢
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      アジア諸地域の紛争

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B