高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!イラン=イスラーム共和国の成立

6
Movie size

5分でわかる!イラン=イスラーム共和国の成立

6
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

イラン=イスラーム共和国の成立

高校世界史 アジア諸地域の紛争6 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

アジア諸地域の紛争、第6回。
今回は「イラン革命」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「イラン革命」です。
戦後のイランでは革命が起こり、国の体制が王政から共和政へと移行していきました。それに伴い、外交方針でも大きな転換がありました。詳しく見ていきましょう。

「上からの近代化」を進めたパフレヴィー2世

lecturer_avatar

第二次世界大戦中の1941年から、イラン国王 パフレヴィー2世 は上からの近代化(国王主導の改革、という意味です)を推進しました。ちなみに彼が行った改革を「白色(はくしょく)革命」といいます。

lecturer_avatar

パフレヴィー2世は、内政においても外交においても親米・親英路線をとり、反共組織であるバグダード条約機構(中東条約機構・METO)の一員となりました。ちなみにこの組織は、1959年にイラクが脱退したことで中央条約機構(CENTO)と改称されましたが、イランはCENTOにも加盟しました。

「国王パフレヴィー~」見出し+地図+テキスト

イラン=イスラーム革命の勃発

lecturer_avatar

パフレヴィー2世による改革は、結果として 貧富の差を拡大 することになりました。貧しい人々は見捨てられ、国王や、米英資本にすり寄る者はどんどん裕福になっていったのです。

lecturer_avatar

国民の不満は次第に高まり、1970年代末に イラン=イスラーム革命 が起きました。革命を指導したのは、イスラーム教 シーア派 の指導者 ホメイニ という人物でした。

lecturer_avatar

ちなみにシーア派はイスラーム教の中で少数派で、人口比率では全イスラーム教徒の約1割。残り9割は多数派のスンニ派です。しかし、イランでは 国民の9割以上がシーア派 となっています。かつてサファヴィー朝ペルシアの時代にシーア派が国教とされた名残です。

イラン=イスラーム共和国の成立

lecturer_avatar

ホメイニは、革命にあたり イスラーム原理主義 を掲げました。これは、本来のイスラーム教の教えに厳格に従うべきだとする考え方です。国王パフレヴィー2世は1979年に亡命し、同年にホメイニらは イラン=イスラーム共和国 を樹立しました。

lecturer_avatar

イランはこれまでの路線を一変し 反米・反英 外交を展開。イラン国内で採掘する石油の量を大幅に削減しました。その結果、世界中で石油が不足する事態となり 第2次石油危機 (オイル=ショック)が発生しました。

「イラン=イスラーム革命」見出し+テキスト

lecturer_avatar

反米路線をとり、産油量を削減したイランに対し、アメリカは反発を強め イランとの国交を断絶 しました。イラン=イスラーム革命の結果、国王が亡命し共和国が樹立されたものの、対外的にはアメリカとの関係が悪化したということをおさえておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

春キャンペーン2019
イラン=イスラーム共和国の成立
6
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

アジア諸地域の紛争

春キャンペーン2019
春キャンペーン2019

高校世界史B