高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!イラン革命に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!イラン革命に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

アジア諸地域の紛争6 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はイラン革命について学習しました。
内容を確認していきましょう。

イラン=イスラーム共和国の成立

lecturer_avatar

1941年にイラン国王となった パフレヴィー2世 は、戦後に「上からの近代化」を推進しました。ただし、彼の改革は国内の貧富の差を拡大させることになりました。

lecturer_avatar

1979年、シーア派の指導者 ホメイニ を中心に イラン革命 が勃発し、パフレヴィー2世は亡命。王政が廃止され イラン=イスラーム共和国 が成立しました。

lecturer_avatar

共和国となったイランは石油の産油量を削減し、その結果 第2次石油危機 が発生。イランとアメリカとの関係が急速に悪化することになりました。

湾岸戦争、勃発

lecturer_avatar

戦後のイラクでは革命が起こり、王政から共和政へと移行しました。その後、1979年に サダム=フセイン が大統領に就任しました。

lecturer_avatar

フセイン大統領は、彼の就任と同年に発生したイラン革命の影響を恐れ、隣国イランへ軍事侵攻。こうして1980年に イラン=イラク戦争 が始まりました。このとき、イランとの関係が悪化していたアメリカはイラクを支援しました。

lecturer_avatar

イラン=イラク戦争で財政難となったフセインは、1990年に石油資源を求めて クウェート へ侵攻。しかし翌年、アメリカを中心とする多国籍軍がイラクへ空爆を行いました(湾岸戦争)。

答え
アジア諸地域の紛争6 練習 答え入り
春キャンペーン2019
イラン革命
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校世界史Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

アジア諸地域の紛争

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校世界史B