高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!「ドイツ国民」としての団結は超重要!

2
Movie size

5分でわかる!「ドイツ国民」としての団結は超重要!

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

「ドイツ国民」としての団結は超重要!

高校世界史 19世紀欧米諸国(1)6 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は、「ドイツ帝国民の団結」です。
ポイント1では ドイツ帝国が発展する様子 を学習しました。ポイント2では、その発展を維持するためにビスマルクが行った 国内政策 に注目します。

カトリック勢力を弾圧

lecturer_avatar

度重なる戦争の末、ようやくドイツは統一されました。そこで、ドイツ帝国の宰相 ビスマルク は、帝国を維持するために 国民の団結を重視しました。

lecturer_avatar

国民の団結を重視するビスマルクは、その団結を揺るがすものを徹底的に弾圧しました。その例が カトリック への弾圧です。

lecturer_avatar

ドイツ統一の際、カトリックが優勢な 西南ドイツ は、プロテスタント国家であるプロイセンに反発していました。結局はプロイセンがドイツを統一することになりましたが、 統一後も西南ドイツはビスマルクへの反発を続けていたのです。

lecturer_avatar

国民の団結を重視するビスマルクは、その団結を乱すカトリックに圧力をかけました。このような、カトリックに対するビスマルクの弾圧と、それに対する反発のことを 文化闘争 と呼びます。

「プロテスタントvsカトリック」見出し+テキスト

社会主義勢力を弾圧

lecturer_avatar

国民の団結を重視するビスマルクは、カトリック勢力に加えて 社会主義勢力 にも悩まされました。社会主義とは、労働者や失業者を救済しようとする考え方です。 第2次産業革命 の進展に伴い労働者や失業者が増加したことで、社会主義勢力が台頭してきました。

lecturer_avatar

1875年、世界最初の社会主義政党である ドイツ社会主義労働者党 が結成されました。そこでビスマルクは 社会主義者鎮圧法 を制定し、これを徹底的に弾圧しました。社会主義の考え方が広まることで、資本家と労働者が対立し、国民の団結が弱まることを危惧したのです。

「社会主義勢力の台頭」見出し+テキスト

社会政策の実施

lecturer_avatar

ビスマルクは、労働者を社会主義運動から切り離すため、 労働者の生活を国が保護する仕組み を整えました。災害保険や疾病保険といった 社会保険制度 を整備したのです。このような政策を 社会政策 といいます。

「ビスマルクの社会政策」見出し+テキスト

lecturer_avatar

以上のように、ビスマルクは あらゆる手段で国民の団結を維持しようとしました。 ビスマルクの政策をしっかり覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

「ドイツ国民」としての団結は超重要!
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(1) 英・仏・伊・独

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B