高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!絶対王政時代への復帰に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!絶対王政時代への復帰に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 ウィーン体制の成立と崩壊1 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はウィーン体制の成立についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

会議は踊る!されど進まず…

lecturer_avatar

1814~1815年、フランス革命やナポレオン戦争で混乱したヨーロッパを立て直すために ウィーン会議 が開催されました。主催者はオーストリアの メッテルニヒ です。

lecturer_avatar

フランスの外相 タレーラン は、フランス革命前の状態を理想とする 正統主義 を提唱しました。これはウィーン会議の基本理念となりました。

lecturer_avatar

各国はフランス革命以前の状態、つまり政治体制でいえば 絶対王政の時代に回帰する ことを確認しました。ウィーン会議の内容は ウィーン議定書 にまとめられました。

フランス革命前のヨーロッパへ!

lecturer_avatar

ウィーン会議の後、正統主義の考え方に基づいて、領土や国家体制の変更が行われました。

lecturer_avatar

イギリスは、 セイロン島 と南アフリカの ケープ植民地 を獲得しました。ちなみにセイロン島は現在の国名をとって スリランカ と呼ばれることもあります。

lecturer_avatar

ロシア皇帝は ポーランド立憲王国 の国王を兼ねることとなりました。そしてオーストリアを盟主とした ドイツ連邦 が成立しました。

ウィーン体制を支える2本の柱!

lecturer_avatar

絶対王政へ回帰しようとすれば、当然人びとの反発が予想されます。そこで各国は反対運動に備え、ウィーン体制を支える 2本の柱 をつくりました。

lecturer_avatar

1つ目は、ロシアの皇帝 アレクサンドル1世 が提唱した 神聖同盟 です。キリスト教の友愛精神を基調とする君主間の同盟が結成されました。

lecturer_avatar

2つ目は、軍事的・政治的同盟である 四国同盟 です。 イギリス・ロシア・オーストリア・プロイセン の四国が、暴動鎮圧のために軍隊を派遣することを約束したのです。後に フランス が加盟し、 五国同盟 となりました。

答え
高校世界史 ウィーン体制の成立と崩壊1 練習 答え入り
絶対王政時代への復帰
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      ウィーン体制の成立と崩壊

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B