高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!ウィーン体制の動揺に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!ウィーン体制の動揺に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 ウィーン体制の成立と崩壊3 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はウィーン体制の動揺についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

ブルボン復古王政と七月革命

lecturer_avatar

ナポレオン1世による帝政が崩壊した後、フランスではルイ18世が王位について ブルボン朝 が復活し、その後シャルル10世が王位につきました。

lecturer_avatar

シャルル10世は絶対王政の復活を目指した政治を進め、国民の不満は高まりました。彼はその不満を国外へそらそうと アルジェリア出兵 を強行し、アフリカ北部のアルジェリアを植民地としました。

lecturer_avatar

一方で彼は 未招集議会の解散 など、絶対王政への復帰を目指す動きを加速させました。人びとはこれに反発し、結果 七月革命 が起きました。

lecturer_avatar

シャルル10世は亡命し、新たな国王 ルイ=フィリップ が即位しました。

七月革命の影響

lecturer_avatar

七月革命の影響はフランス国外へも広がっていきました。

lecturer_avatar

ベルギー はオランダから独立を果たし、 ポーランド やドイツでは自由を求めて反乱がおこりました。

lecturer_avatar

イタリア でも反乱がおこりましたが鎮圧され、結果 カルボナリ は解散しました。カルボナリはその後 青年イタリア を結成することになりました。

lecturer_avatar

このようにベルギーの独立は成功しましたが、ポーランド・ドイツ・イタリアの反乱は鎮圧されてしまいました。ただ、各地で発生した反乱はウィーン体制を動揺させました。

答え
高校世界史 ウィーン体制の成立と崩壊3 練習 答え入り
ウィーン体制の動揺
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      ウィーン体制の成立と崩壊

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B