高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!ウィーン体制への反発に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!ウィーン体制への反発に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 ウィーン体制の成立と崩壊2 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回はウィーン体制への反発についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

ヨーロッパでおきたウィーン体制への反発

lecturer_avatar

ヨーロッパ各地では ウィーン体制に反発する動き が見られました。ドイツでは ブルシェンシャフト 、イタリアでは カルボナリ が運動を起こし、ロシアでは デカブリストの乱 が起こりましたがいずれも鎮圧されました。

lecturer_avatar

ただし、ヨーロッパの中で例外的に独立を勝ち取った国がありました。 ギリシア です。

lecturer_avatar

ギリシアは オスマン帝国 からの独立を求めて ギリシア独立戦争 を起こし、各国の支援もあって勝利しました。その後 ロンドン会議 が開催され、ギリシアの独立は国際的に承認されました。

ラテンアメリカの独立!

lecturer_avatar

ラテンアメリカでは ハイチ が独立を果たし、史上初めての黒人共和国となりました。ハイチ独立を指導したのは トゥサン=ルヴェルチュール という人物です。

lecturer_avatar

彼は黒人でしたが、 白人地主 (クリオーリョ)であった シモン=ボリバルサン=マルティン も独立運動を支援しました。2人によってベネズエラ・コロンビア・エクアドル・ボリビア・アルゼンチン・チリ・ペルーといった多くの国々が独立を果たしたのです。加えてメキシコや ブラジル も独立を果たしました。

lecturer_avatar

オーストリアの メッテルニヒ はラテンアメリカの独立をおさえこもうとしましたが、イギリスは独立を支持する立場をとり、さらにアメリカの モンローモンロー教書(宣言) を発表したこともあり、メッテルニヒは弾圧を断念しました。

答え
高校世界史 ウィーン体制の成立と崩壊2 練習 答え入り
ウィーン体制への反発
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      ウィーン体制の成立と崩壊

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B