高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!産業革命に関する問題

18

5分で解ける!産業革命に関する問題

18
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 イギリスの市民革命4 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は産業革命についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

まずは綿工業からスタート!

lecturer_avatar

イギリスの産業革命は 綿工業 から始まりました。綿工業の発達においては、主に 2種類の機械 が発明・制作されました。布を織る 織機 と、布を織るために必要な糸をつくる 紡績機 です。それぞれの開発者を確認していきましょう。

lecturer_avatar

織機の分野から見ていきましょう。
飛び杼 を開発したのは ジョン=ケイ でした。
力織機 を開発したのは カートライト でした。

lecturer_avatar

次に紡績機の分野を見ていきましょう。
ジェニー紡績機多軸紡績機 )を発明したのは ハーグリーヴズ でした。
水力紡績機 を発明したのは アークライト でした。
ミュール紡績機 を発明したのは クロンプトン でした。

機械を動かす動力の開発!

lecturer_avatar

さらに機械を動かす動力についても勉強してきました。 ワット は、 ニューコメン蒸気機関 を大幅に改良しました。これで蒸気機関はあらゆる機械の動力となる可能性を得ました。

lecturer_avatar

フルトン蒸気船 を完成させ、 初の大西洋横断に成功しました。
スティーヴンソン蒸気機関車 を実用化し、大量の人や物を迅速に運搬すること可能としました。

答え
高校世界史 イギリスの市民革命4 練習 答え入り
オンラインLIVE夏期講習
産業革命
18
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

高校世界史Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

イギリスの市民革命

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      高校世界史B