高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!まずは綿工業からスタート!

4
Movie size

5分でわかる!まずは綿工業からスタート!

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

まずは綿工業からスタート!

高校世界史 イギリス市民革命4 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

イギリス市民革命の4回目。
今回は「産業革命」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「綿工業の発達」です。
イギリス産業革命は、最初に 綿工業 の分野で始まりました。
こちらを見てください。

高校世界史 イギリス市民革命4 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

当時のイギリスでは 綿製品 の需要が高く、貿易品目としても、国内での消費用としても人気でした。その人気を受けて、綿製品を安く、高品質で、しかも大量につくるための 機械 が発達したのです。

ジョン=ケイが飛び杼を開発

lecturer_avatar

1733年、 ジョン=ケイ という人物が 飛び杼 (とびひ)を開発しました。これは 布を織るための機械 (= 織機 /しょっき、おりき)です。飛び杼が開発されたことで、布を織るスピードや生産効率が爆発的に向上しました。

紡績機の開発

lecturer_avatar

ここで一つ問題が発生しました。布を織る効率が上がったことで、今度は材料である 糸が足りなくなってしまった のです。そこで、糸を作るための機械である 紡績機 (ぼうせきき)が開発されるようになりました。

lecturer_avatar

ハーグリーヴズ多軸紡績機 を、 アークライト水力紡績機 を、 クロンプトンミュール紡績機 を、順に開発しました。紡績機はどんどん改良され、細くて丈夫な糸が大量に生産できるようになりました。

カートライトが力織機を開発

lecturer_avatar

クロンプトンがミュール紡績機を開発したことで、細くて丈夫な糸が大量に作れるようになりました。そして、この後に カートライト力織機 (りきしょっき)を開発したのです。力織機は、それまでの織機に比べて約4倍ものスピードで布を織ることができました。

高校世界史 イギリス市民革命4 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

織機と紡績機が開発・改良されたことで、イギリスは安くて高品質な綿製品を大量に生産することができるようになりました。そしてこの綿製品を海外に輸出することで、莫大な利益を上げることに成功したのです。

lecturer_avatar

開発された織機や紡績機と、その開発者を組み合わせて覚えておきましょう。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

まずは綿工業からスタート!
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      イギリスの市民革命

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B